医薬品を海外から輸入する|通販で簡単購入/ストロングハートプラスを使ってフィラリア予防

医薬品を海外から輸入する

白い薬を手に取った様子

ストロングハートプラスはハートガードプラスのジェネリックとして開発されたフィラリア予防薬です。
そのため、ハートガードプラスを基にして製造されており、その成分や効果はすべてハートガードプラスと同じになっています。
安全性に関しても当然同じになりますので、ハートガードプラスでのフィラリア予防がうまくいっていたのであれば、ストロングハートプラスへシフトして引き続き予防することができるのです。

新薬の開発期間は約15年と言われており、かかる費用もかなりの額です。
しかし、新薬の製造データを参考にして開発されたジェネリックの場合、1からの開発とはならないため、開発コストは大幅に削減されます。
開発コストが削減されているということは、販売価格の値下げも可能ということになりますので、新薬よりもジェネリックは遥かに安い料金で提供されているのです。
ですが、世界各国と比較すると、日本でのジェネリック普及率は極めて低いです。
認可されていないジェネリックも多く、日本国内で購入できないというのも珍しい話ではありません。
そんな認可されていない医薬品でも、個人輸入代行サービスなら簡単に購入できるのです。

個人輸入代行サービスで販売されている医薬品は、冒頭でも紹介したように海外から輸入された医薬品です。
日本でのルールは海外に適用されないため、日本国内で購入できない医薬品でも海外ではふつうに販売されているというのはよくある話。
また、注文した個人が利用する目的であれば、海外から医薬品を輸入することが法的に許されています。
ですので、個人輸入代行サービスを使って医薬品をネット購入しても、みなさん自身が使用するのであれば違法にはなりませんのでご安心を。